トップ > 765PM2018 公式パンフレット 対談企画

こんにちは ゲスト様

トップ > 765PM2018 公式パンフレット 対談企画

THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP? 公式パンフレット 特別対談

萩原雪歩 役 浅倉杏美さん、我那覇響 役 沼倉愛美さん、四条貴音 役 原由実さん

浅倉杏美さん、沼倉愛美さん、原由実さんによる特別対談を実施! 『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP!!!!!!!!!!!!!? 公式パンフレット』の特設アンケートに集まった全国のプロデューサーの回答を見ていただきつつ、今回のパンフレットの見所について語っていただきました。もしかしたら、パンフレットの内容が先行してわかるかも!?

全国のプロデューサーのアンケート回答について

------今回のパンフレットでは、特設アンケートサイトを用意して、全国のプロデューサーさんから多数の回答を集めました。ご覧になった感想はどうですか?

沼倉
(「個人的に担当アイドルの1番好きなところを上げるとしたら?」という設問で、萩原雪歩に向けて「茶柱のように芯がしっかりしているところ。(でぃーぷP)」と書かれているのを見て)
いいですね、茶柱のように芯がしっかりしているところ(笑)。

------今回は一部の回答のみをお持ちしたのですが、実際は膨大な回答が集まっています。

沼倉
(「担当アイドルをリフレッシュさせるためにオフの日に連れて行きたい場所は?」という設問で、萩原雪歩に向けて「焼き肉屋さん(レヴァナントP)」と書かれているのを見て)
焼き肉屋さんって書いてあるね。
浅倉
雪歩は焼き肉好きなの。いつの間にかお肉好きになっていたんだよね。
沼倉
穴を掘るのにエネルギーが必要だからかな〜。

------地下の洞窟に連れて行きたいというプロデューサーさんもいたので、同じ設問でもプロデューサーさんごとに個性が出ていました。もちろん、複数の方が同じ回答を挙げている設問もありまして、例えば「これまでの765プロダクションの活動で1番ビックリしたこと」では、玲音が昨年のプロデューサーミーティングに駆けつけてくれたことを挙げている方が何人もいました。

皆さんがどんな回答をしてくれたか楽しみですね。(設問と回答を見ながら)あ、すごい! 「『アイドルマスター』と出会って1番あなたが変わったと思うこと、影響を受けたと思うことは?」で、家計簿の中に「アイマス費」の欄ができたことって書いてある。
浅倉沼倉
えー! すごーい!
沼倉
たしかに「交際費」って枠じゃ足りないですもんね。
一同
(笑)。
沼倉
(アンケートに回答していただいたプロデューサーのなかに「ぬまくらP」を発見して)
ぬまくらPって、ちょっとドキっとするね。
本人かも。
沼倉
本人ちゃうで。
浅倉
どこに書いてあるのかな……あ、ホントだ(笑)。しかも『しあわせのレシピ』を推してるから(笑)。
沼倉
私のプロデューサーネームは違うから!

キャストの皆さんのアンケート回答について

------今回は、キャストの皆さんにもプロデューサーの皆さんと同じアンケートをお送りし、いくつかピックアップしてご回答いただいておりますが、やはりほかの方の回答と比べると気付く点が多いですか?

沼倉
まず設問の捉え方がいろいろありますよね。「これまでの765プロダクションの活動で1番ビックリしたことは?」という設問でいえば、765プロダクションの活動ってゲームのなかでの話なのか、声優として活動したものも数えていいのか、そういうことを考え始めるとなかなか書けないですよね(笑)。
私は、「765プロオールスターズの良さとは?」というのが迷いましたね。たくさんあるがゆえに、1つだけ挙げるとしたらなんだろうと思いました。

------原さんは最終的に非常にシンプルな回答になりましたね。

そうなんですよ! いろいろな言葉が浮かぶけれど、結果としてここに集約されるのかなと思い書きました。

------原さんがどんな回答をしたのかは、是非パンフレットで確認していただきたいです。ちなみに、この設問は浅倉さん、沼倉さんもご回答されています。その一方で、「高木順二朗(社長)の1番尊敬しているところは?」という設問は3人ともお答えになっていませんね。

そうですね。非常に難しくて(笑)。
浅倉
尊敬していないわけじゃないんですけど(笑)。

------ご回答されるとしたらどうでしょうか?

浅倉
765プロダクションのアイドルたちは、だいたいプロデューサーと一緒にいるので、プロデューサーの言葉とか行動に惹かれ、信頼しているところがあります。そんな風にアイドルたちがすごく信頼しているプロデューサーを育てあげている社長なので、神様みたいなところがありますね(笑)。
一同
(笑)。
社長の存在はやはり大きいと思います。ライブの一番最初と最後を締めてくださる社長の声がないと、やっぱりアイドルマスターのライブ感が薄れてしまう気がします。そういった意味では欠かせない存在ですね。
浅倉
影なのにすごいよね(笑)。
そうそうそう。プロデューサーさんの皆さんも社長に言われたことはちゃんと聞くしね(笑)。
沼倉
社長は距離感が絶妙ですよね。アイドルのことをなんだかんだしっかりと理解してくれていて、任せるところは任せるという。人って信頼されていると思えると頑張れますよね。あとはご自身の持ってるお茶目さがいいですね。(大塚)芳忠さんの演じ方もあって、社長だけど親しみやすくて、すごく魅力的だと思います。影なのに(笑)。表情が見えなくても安心感を与えてくれる存在というのは、とても大きいと思います。

------これはパンフレットに載らない、ここだけの回答になります。貴重なお話ありがとうござます。そのほかに、パンフレットで回答していないけれど興味のある設問はありますか? 「765プロダクションにあったら嬉しい福利厚生は何ですか?」という設問は浅倉さん、原さんはお答えになっていませんね。

沼倉
私はパンフレットで答えていますが、ほかのみんなは何て書いてあるのかな?
浅倉
すごい! 繪里子さん(中村繪里子さん)とまやさん(仁後真耶子さん)の二人とも同じことを書いている(笑)。たしかに! 私もこれ欲しいです。
沼倉
ほんとだよ〜。でも、まやさんは切実だよね。やよいだから。それはその通りだよねと思う。
宏美さん(平田宏美さん)は年に一回の○○○○○って書いてますね。
浅倉
あ〜欲しい! それも欲しい!

------盛り上がっていますが、WEBでは伏せ字にさせていただきます(笑)。詳しくはパンフレットをご覧ください。やはり、ほかの方の回答は興味深いですよね。「765プロダクションの事務所をリフォームするとしたら、何を置きたいと思いますか?」という設問はいかがですか?

沼倉
本当に地味なところで言うと、事務所にエレベーターが欲しいです。まず、765プロダクションが入っているビルってエレベーターがないんです。そして、実際に私たちが所属している事務所のビルにもエレベーターがなくて、階段を登らなきゃいけないんですよ。上り下りで大変な思いをしているので、ビルを建て直してエレベーターをつけたいですね(笑)。

楽曲のランキングについて

------今回のアンケートでは「○○のときに聞きたい曲は?」という設問がありました。ご自身の回答は別として、どの楽曲がランキング上位になりそうですか? 「夏に聞きたい曲は?」という設問は、時期的にピッタリですが。

私もこの設問に回答したんですが、夏に聞きたい曲が多すぎてすごく困りました。『神SUMMER!!』や『サニー』など、どれもこれも印象的な楽曲で、どれをチョイスしようか悩みましたね。
沼倉
夏に聞きたい曲は、やっぱり『神SUMMER!!』かな。
浅倉
私も『神SUMMER!!』かな〜。
沼倉
『サニー』も捨てがたいですけどね〜。
『サニー』は最近歌っていない気がします。、歌がすごく難しかった覚えがあるのですが、久々にみんなで歌ってみたいですね。
沼倉
ちょっとしっとりとした部分があるのが『サニー』のよさだと思います。でも、一番耳に残っているのは亜美真美のバージョン(笑)。すっごいんですよね、亜美真美の『サニー』は。

------ドライブをしながら聞きたい曲はいかがですか?

浅倉
個人的な好みですけど、『I'm so free!』を聴きたいですね。
私も思ったの!
浅倉
あ! 一緒だね(笑)!
実はアンケートをいただいたときに、ドライブをしながら聞きたい曲は『I'm so free!』だと思ったんです。けれど、過去のパンフレットで『I'm so free!』を出した気がして、今回は回答しませんでした。できるだけ過去に出していない曲を出そうというのが私のコンセプトだったので(笑)。でも、今あずみん(浅倉さん)が言っているのを聞いて、やっぱりそうなんだと思いました。
浅倉
『I'm so free!』は自分で風を感じるというよりも、車の窓越しに風を感じている気がしませんか(笑)?
沼倉
私は思い浮かばなかったんですよね。どれもありだし……やっぱり自分が運転免許を持っていないからかな。
一同
(笑)。
これからですよ、これから。
沼倉
免許とったら考えます(笑)。

------テンションを上げたいときに聞きたい曲は、どれが一番になると思いますか?

沼倉
やっぱり『自分REST@RT』かな〜。
たしかに。
浅倉
発表してからかなり経ちますけど、いまだにライブでイントロが流れると大歓声ですよね。
沼倉
この曲はリバイバルしたと思います。ずっと人気曲だったと思うのですが、10thライブのときにもう一回燃え上がって、それ以来イベントでは『READY!!』や『M@STERPIECE』よりも歌っているような気がします。

------これは難しいと思いますが、「あなたにとって1番思い入れの強い曲は?」という設問はいかがですか?

浅倉
それぞれの担当アイドルの曲が多いと思いますね。あとは『M@STERPIECE』とかかな?
そうね〜。『M@STERPIECE』な気がする。
浅倉
いままでは各アイドル推しが強かった気がするんですが、時間が経つに連れて、765プロダクションのアイドルみんなが好きという人が増えてきたと思います。だから、全員曲にすごく価値が出ている気がしますね。
そうですね。全員で歌う曲は『Destiny』とか名曲が本当に多いです。ライブでみんなと歌うことによって、さらにその曲に対する思い入れが強くなったりするので、やっぱり全員の曲は特別ですね。実際、レコーディング時からもっとも印象が変わるのは全員曲なんです。レコーディングで1人で歌ったときと、ミックスされてCDで聴いた時では印象が変わって、ライブで皆さんと一緒に披露するとまた印象が変わる感じですね。
浅倉
まだ皆さんの前では歌っていないですが、『shy→shining』もそうなるのかなって思います。
沼倉
たぶん曲に物語がついていくんですよね。『shy→shining』は『ステラステージ』のエンディングで流れるんですけど、そのときはなにも知らないで聴くよりも感じることが多いと思うんです。ライブとかイベントも、回数を重ねていくと意味合いが強くなっていきますよね。そういう意味では、10年以上応援してくださっているプロデューサーさんと、最近応援し始めてくれたプロデューサーさんでは感じ方が違ってくるのかもって思うと、ランキングを予想するのは難しいですね。

------皆さんそれぞれの思い入れがありますからね。ほかの方の回答をご覧になってどう思いましたか?

沼倉
ほかの皆さんの回答を見ると、なるほどと感じますね。歌っている姿を思い出すというか、着実に歴史を重ねてきた曲を選んでるんだろうなって思いました。
浅倉
レコーディングしたとき、ライブで披露したとき、CDがリリースされたとき、プロデューサーさんの感想が届いたときと、楽曲が世に出ることで成長していくのが面白いですね。ライブで歌って、掛け合いが楽しかったからすごく好きな曲に成長するということもあると思うんです。思い入れが強い曲とか、好きな曲ってその時々の自分の心境によって変わると思うので、ベスト3くらい選びたいですね。

パンフレットの企画について

------今回のパンフレットでは、先ほどまでお伺いしたアンケート以外にもさまざまな企画を用意しています。皆さん、気になる企画はありますか?

沼倉
一番気になるのは「打ち上げ旅行 in GUNMA」の反省会ですね。私たちもまったく中身がわからないですからね。

------昨年のプロデューサーミーティングの打ち上げ旅行で幹事を努めた若林さんと、ナレーションを担当した赤羽根さんの対談ですね。当時の映像を振り返りつつ、いろいろと感想を語っていただきました。

浅倉
この二人がね(笑)。たしかに気になりますね。
あーなるほど。おもしろい。
浅倉
槍玉に挙がってたらいやじゃないですか(笑)?

------そこは皆さん見てのお楽しみですね(笑)。

沼倉
そのほかにはクリエイターさんのお話も興味深いですよね。

------『アイドルマスター ステラステージ』のサウンドチームの対談ですね。

沼倉
なかなか声を聞ける機会が少ないので、プロデューサーさんたちの知らないことがきっとたくさんあるのではないかと。私たちも「そうだったんだ」とあらためて気付く部分があると思います。

------中川さんをはじめ、合計8名の方に対談をお願いしました。作詞、作曲、編曲とさまざまな角度から楽曲について伺っています。

浅倉
盛りだくさんですね。

------キャストの皆さん、全国のプロデューサーの皆さん、開発スタッフの皆さん、全員が満足してもらえるパンフレットを目指しておりますので、期待してお待ちください。

ページトップへ