トップ > THE IDOLM@STER 初星宴舞 LIVE Blu-ray

こんにちは ゲスト様

トップ > THE IDOLM@STER 初星宴舞 LIVE Blu-ray

アイドルマスター ニューイヤーライブ!! 初星宴舞

こたつ de トーク キャストver インタビュー記事はこちら

アソビストア特装版

発売日:2019年1月30日(水) 価格:28,500円+税

購入はこちら

絢爛装丁版

発売日:2019年1月30日(水) 価格:25,000円+税

購入はこちら

--まずは撮影お疲れ様でした。コタツでの撮影はいかがでしたか?

若林:コタツの電源が入っていませんでした(笑) でも、原と二人での仕事って珍しかったのですごく嬉しかったです。

原:私もです。『聖炎の女神(※1)』を一緒に歌わせていただいていた縁もあると思いますが、日頃から「直美さん大好き」って言っているので嬉しいです。

若林:原がしっとりとした目で「直美さん」って言うのがまたドキドキするんですよ(笑)

原:昔から言っていますよね。あと直美さんはすごく「先輩」という感じがするので、直美さんがいらっしゃると心強いんですよね。

若林:私は原のゆっくりとした空気が好きですね。今回のBlu-rayの映像をチェックしていたら原がおみくじを回していた時に逐一ツッコミを入れていて、自分に「もうちょっと待ってあげようよ」って思いました(笑)

原:でも、そういう間を上手く埋めてくださって感謝しています。

若林:原ってゆっくりし過ぎて、大丈夫か?(笑)って瞬間もあるんだけど、話を振ると絶対に応えてくれるんです。逆に話を振らないといけない時は、適当でも振っちゃう(笑)
今回のライブでもカルタで困った時は振っちゃいましたね。滑ろうと受けようと、とりあえず振れば私が冷静になれる時間が作れるので(笑)

原:間が生まれますからね!

若林:ハラハラもするけどね。原だけに(笑)
でも、任せて安心です。

原:長年やっているからかMCパートでは緊張し過ぎず、気を使い過ぎずに済む安心感があります。

--今回の『THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞』では『THE IDOLM@STER 初星-mix』からステージがスタートしたわけですが、いかがでしたか?

若林:和楽器っていうのが良かったよね。この曲を初めて聴いたのいつだった?

原:色々な振り付けが終わった後に聴いた気がします。衣装もそうだし、『THE IDOLM@STER』という曲の雰囲気がここまで変わったのは初めてでしたね。

若林:そうだね。最初の『THE IDOLM@STER』から2nd-mixになって、その2つをずっと歌ってた気がするので今後もこんな感じにアレンジしていただきたいですね。和風なイントロから始まって、プロデューサーさん(=THE IDOLM@STERのファン)も初めて聴いた時はびっくりしたと思うんですよね。

原:レッスンでは『THE IDOLM@STER』があっても、頭にも体にも入っているから新しい曲としてカウントしないのですが、今回は振り付けも変わっていてちょっと難しいなって思いました。和風なポーズが入っていたりして新鮮な気持ちがしました。

若林:今後もReMixされたら同じ曲でもお客さんも盛り上がってくれるんじゃないでしょうか。

--今回、年始の公演でしたが、ステージに立った時はいつもとは違う心境でしたか?

原:1月6日、7日というタイミングだったので、本格的な仕事始めがこのライブということで年始早々楽しくスタートダッシュを切れてテンションが高かったです。和装も楽しかったですね。

若林:ここまで年始の早いタイミングでライブをやったのは初めてで、クリスマスも正月もない感じでした(笑)

原:そうそう。だからお正月は絶対に太れないって思っていましたし、毎年実家に帰るのですがインフルエンザも流行っていたので、変に出歩いてかかったら大変だと思って家に篭っていました。

若林:レッスンはお休みだったんですが、気が休まらないというか。そのおかげか、ステージでは逆に弾けられた気もします。でも1日目の段階ではまだ2日目が残っていたので緊張感がありましたね。

--この『THE IDOLM@STER 初星-mix』ですがロングイントロバージョンのCDがBlu-ray絢爛装丁版に同梱されるそうです。

若林:これはいいことだと思います! やっぱり(ReMixを)毎回やりましょう。新鮮な気持ちでやれますし。

原:いいですね!

--このライブでのお二人にとっての注目のポイントのひとつに『聖炎の女神(※1)』があるかと思いますが、こちらについてもお話をうかがいたいと思います。まずこの楽曲を初めて聴いた時の印象はいかがでしたか?

若林:仮歌がこの曲の作詞を担当されていた奥井雅美さんだったんです。「仮歌」が「本物」みたいな状態で、聴いていて「今回はいいカバーをさせていただいてありがとうございます!」と思うぐらい完成されていました(笑)
もちろん仮歌として歌ってくださっているとは思うんですが、律子としてどう表現するかについて考えましたね。

原:史上最強に格好良い仮歌を聴いてハードルが上がっていたのもあります。MASTER PRIMAL(※2)シリーズは作っているスタッフさん達の並々ならぬ情熱を間近で感じていました。
二人ずつで歌うということで律子さんと貴音ならではの表現がしたいと思いましたし、『CRIMSON LOVERS』が今までにない楽曲で、歌っている中村さんと今井さんが気合を入れて臨まれていたので、私達も負けたくないなって思いがありました。そういう意味で気合を入れてレコーディングに臨んだのが印象的でした。

若林:レッスンでは「この曲にはストーリーが必要です!」と振り付けの先生に伝えて、律子と貴音の関係性を言って振り付けを試行錯誤していたんです。「ここで目を合わせて、手を繋ぎたい」と意見を伝えると、原は「はい、やります」って受けてくれて(笑)

原:場所によっては最初の振り付けとは大幅に変わっていたりもします。今まで二人や三人で歌った時は「貴音さんならどうするだろう」と考えたりはしていたのですが、今回は二人の関係性を含めて考えられたので、今後歌う時にそういう取り組み方をしたらまた違うものが出来るんだなとすごく勉強になりました。歌っていて曲の世界観により入りやすいなって思いました。

若林:ここまでストーリーが浮かんで世界観が確立したのは今回が初めてでした。「貴音はこう歌ってくるだろうから私はこう歌おう」って考えて、期待通りに歌ってくれたので楽しかったです。原の持っている独特な世界に入っちゃってる感じがないと出来なかったことだと思います。二人で目を合わせているシーンとか二人のバチバチな感じがすごかったからね(笑)

原:そこの振り向くタイミングを何度も何度も調整して、結局どのきっかけで振り向くのがやり易いのか、格好良く見えるのか、横で燃えている炎の演出にどこまで映えるのか、最後の最後までやっていました(笑)

--今回行われた炎の演出はアイドルマスターでは初めてだったそうですね。

若林:そうみたいですね。聖炎の女神(※1)のときもトーチがよく燃えてたよね。

原:オーバーマスターのときにも炎がドーンってなる時はすごく熱かったです。演出面でも年々パワーアップしているのが感じられますよね。

若林:今回ステージが「ステラステージ」仕様になっていて、遊んでいたゲームのセットをリアルで見られて感動していました。衣装もコンセプトに合っていてより世界に入り込めて表現するのが楽しかったです。

--「聖炎のポーズ」と呼んでいたポーズもあったそうですが、これはどなたが考えたのでしょうか?

若林:私が。そういうビジョンが浮かんで考えました!

原:今回も直美さんがたくさんディレクションしてくれました。そういうビジョンが見えてやりたいという熱意を持ってダンスの先生や演出家さんに伝えてくれるのは本当にすごいと思います。レッスンを重ねるごとによくなっていくので、一緒に歌う曲に直美さんがいるかどうかですごく違いがあるなって思います。

若林:最初は「原が負担に感じていないかな」って不安に感じてたんですが、変わらずに好きって言ってくれて、熱い視線で見てくれるので、「大丈夫!」って判断していました(笑)
こっそり振りを増やしていると「私も」って言ってくるんですよ。

原:『聖炎の女神(※1)』の時にそういうこともありましたね(笑)
最初は2番のサビ終わりの間奏は振り付けがなかったんですけど、直美さんがダンサーさんと同じ格好良い振り付けをやっていたので、本番直前のレッスンで私も取り入れました(笑)

若林:そこは原が微動だにしないのもありだなって思ってたら、最終的に振り付けが入って、出来上がったものを見たら良いユニゾンに仕上がっていましたね。

--続いて『BRAVE STAR』についてもお聞かせください。

若林:2日目の方を見てくださいね! 1日目のBlu-rayの映像ではほぼ分からないと思うんですがトラブルでイヤモニを落としてしまって。1日目は前半あまり映ってないかもしれないので両日とも是非観てほしいです!この話は隠さずに言っておきます!(笑)

原:この曲もみんなで意見を出し合って振り付けを初期からどんどん変化させていった曲なんです。レコーディングの時も思っていたんですが、この曲ってライブ映えする曲だなと。

若林:レコーディングの時はガールズロック的なまっすぐ前に進む爽やかな曲だったのが、ライブになると私がいるせいか熱い曲になりました。

原:掛け声もあるのでさらにステージで化けた感じがしました。プロデューサーさんも楽しんでいただけたみたいで。

若林:コール&レスポンスをここまで出来るとは思っていませんでした。期待を良い意味で裏切れたと思います。

原:あとライブ中にお気に入りだったのが、くるくる回って踊るところですね。今まであまりなかったので。

若林:でも何気に、私達は5周年の『サニー』の時にやっているんだよ。覚えてない?

原:すごく大変だったのは覚えているんですけど。

若林:また原と「くるくる」出来るんだって思っていました(笑) ああいうステージングは楽しいよね。

--お互いに印象に残っている楽曲があれば教えてください。

若林:原の『addicted』がすごく好きなんです。振り付けも今までにない和風なものであり、貴音さんには珍しい和風のアップテンポ曲で情念のこもっている感じがして好きです。

原:この曲は個人的にすごく気合が入っていたので普段は意見をなかなか言い出せない性格なのですが、考えに考え抜いて最終的に演出家さんに自分のイメージを伝えたりして、和風、妖艶さを足していただいたりしましたそういう意味で勇気を振り絞った楽曲でした。何年も前から歌いたいって言っていたので、歌えて嬉しかったです。

若林:この曲、本当に好きです。

原:私は『私だって女の子』がとてもエネルギッシュで好きです!

若林:この曲、律子が歌っている動画と私が比べられても遜色がないようにしたいって振り付けの先生に言ってほぼ同じにしてもらったんです。そしたら、先生がそれ以上の振り付けをつけてくれたので超練習しました。
「間違えたらやり直し」ってルールで最後の最後まで練習したんです。最後に完璧に出来たと思ったら振り付けの先生から「歌詞が一箇所だけ間違ってて……」伝えられたので、一度トイレに入って「若林ダメだよ、間違ったらやり直しなんだよ」って自分に言い聞かせたら、それが全部表にいた人たちに聞こえていたみたいで。トイレから出たら皆が待機してくれていました(笑)
すごく大変だったけど思い出深い楽曲です。

原:あと『いっぱいいっぱい』も最高でした。一度、真耶さん(仁後真耶子さん=高槻やよい役)と一緒にメガネをかけてこの曲を歌わせてもらったことがあったんです。その時は『いっぱいいっぱい』の輪に私も入れてもらえて嬉しかったんですが、久しぶりに直美さんの歌を聞いたら、直美さんだからお客さん達はあんなに声を出して盛り上がれるんだなって思いました。

若林:久しぶりといえば『フラワーガール』だよね。6周年の時にツアーで歌っていた記憶がある。

原:『フラワーガール』は初期の貴音さんの楽曲ということもあるせいか、今歌うと一番辛い曲かもしれません(笑) 息継ぎや、音の高さ、ちょっと苦手な部分の伸ばしがあったりして、歌い慣れているはずなのに大変でした(笑)

若林:「あなたが好き!」とか逆に今の貴音さんじゃ聞かないよね。

原:なのですごくドキドキしました。歌い終わってすぐにステージ裏で直美さんと話す機会があったので「はーーー、疲れました」って言っちゃいました(笑)

若林:私は見ながら「なんであんなに可愛い曲なのに色っぽいんだろう」って思ってた(笑)

原:初めてのソロ曲がこういう感じなのは当時は意外に思っていましたね。

若林:あとユニット曲といえば『オーバーマスター』だね。

原:私とアッキー(長谷川明子さん=星井美希役)と愛美(沼倉愛美さん=我那覇響役)の三人で歌ったのが5周年で歌った以来で、愛美がその時のポーズをやろうって言い出したので過去の動画からポーズを探し出してやりました(笑)
この曲はステージデビューをさせていただいた3周年でも歌ったんですが、5周年の時に振り付けが激しくなって苦労をしながらダンスを練習しました。でも、最終的には皆さんと同じ振り付けで踊れたのを覚えているんですが、今回はそこからさらに変化していて(笑)
私よりダンスが得意な二人が難しいっていうくらいの難易度だったので、歌い慣れた曲なのにめっちゃ練習しました。

若林:5周年の時から、原は時間がかかるけど次には出来る人なんだなって思うようになった。でもそれが負担になっちゃわないか心配はしてました。

原:すごく気遣ってくださって感謝しています。あの時に壁を一つ越えられて自信はつきましたね。

--他に印象に残った曲はありましたか?

若林:2日目の『いっぱいいっぱい』からの『七彩ボタン』の流れですね。ここは演出家さんといっぱい話をしました。『いっぱいいっぱい』は久しぶりに歌うから完璧に歌いきりたいって思いもあり、息が上がってしまうだろうけど『七彩ボタン』の頭にステージにいて欲しいと言われて、それを承諾したんです。
竜宮小町の三人が私の後に歌うのはエモいなって思っていました。
2017年の『THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2017』で戻ってきて、『THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞』が久々のライブだけのステージで、色んな歴史がクロスオーバーしてきました。続けてこれたからこそ、今、アイドルとしてステージに上がって、お客さんがいる前で三人を見れたということにエモさを感じ、言葉では表せない想いが走馬灯のように流れたりもしましたが、三人が相変わらずだったので嬉しかったです。
でも、その後の『ら♪ら♪ら♪わんだぁらんど』までが短すぎて、この怒涛の若林エリアには死ぬかと思いました!(笑)

--熱い想いをありがとうございます。ところで、パンフレットの各キャストページに書いた「初星にかける想いと楽しみなところ」が公演後に実際どうだったのかをうかがえたらと思います。

※「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞 公式パンフレット」より抜粋

--「初星宴舞」にかける想いと、楽しみにしているところを教えてください。

若林:何もかもが……最終的に楽しくなるはずなんですよ。まだ、今の時点では何も見えてませんが、2017年にわかったこと……いつも通りに一つひとつ積み上げて、汗かいて必死にもがいて、間に合わせるんです。ステージに立つためにね。見に来てくださった皆様に『最高の笑顔』になってもらうために!頑張ります。

原:久しぶりの765プロオールスターズ単独の歌が中心のライブということで、今まで皆さんに披露できていなかった楽曲なども、たくさん歌えるかと思います。
2018年が最高の1年になるように、「初星宴舞」で最高のスタートダッシュを切りましょう!!

原:このライブってセットリストが神がかっていて、今まで歌ってこなかった曲も、思い出の曲も、「ぷちます!」の曲も入っていてバラエティに富んでいたので見てくださった皆さんも楽しめたんじゃないかと思います。なのでパンフレットに書いたように2018年の最高のスタートダッシュになったと思います。

若林:パンフレットには「何もかもが最終的に楽しくなるんですよ」って書いてあって、本当にそう思いました。毎回毎回準備をしている時はいろいろ考えたり、たくさん練習したりして苦しいときもあって、不安になって一生懸命もがくんですがそれが最終的に「あー、楽しかったな。また立ちたいな」って必ず最後はなるんです。
1日目の最後の挨拶では年をまたいで積み上げるものが本当に大変だったので、皆、やっと一つ積荷を下ろして明日も頑張ろうっていう思いで溢れかえっちゃったんです。2日目は驚くほど笑顔で、2日目なのに近年稀に見る楽しさでした(笑)
1日目は私達の想いが全部篭った公演を見られて、2日目は笑顔の公演を見られたんじゃないでしょうか。最終的に目標は達成出来たと思います!

--最後に「THE IDOLM@STER ニューイヤーライブ!! 初星宴舞LIVE Blu-rayアソビストア特装版」におめでたいグッズとして盃、暖簾が同梱、屏風が特典として付くということで、それにかけてお二人のおめでたいお話をうかがって締めの言葉とさせていただければと思います。

原:公演の際に、今年の目標として免許を取ることをあげたのですが、今佳境にさしかかっています。一緒のタイミングで教習所に入った友達は7月には免許を取っていたのですが、今年ももう終わろうとしています。パンフレットに書いた目標である「2週間に1回は自炊をしたいと思います」は出来ていないので、せめてステージで言ったこの目標はちゃんと達成したいと思います。もうちょっと時間はかかるかと思いますが必ず免許が取れると思うので、それがおめでたいことです!

若林:娘が今年、七五三の3歳で、私も43歳になりました。「散々(3・3)」幸せになりたいと思います。よっ、めでたい!

--ありがとうございました。

(※1)「聖炎の女神」について
https://youtu.be/uTqkUMfa1to

(※2)THE IDOLM@STER MASTER PRIMAL
ROCKIN' REDに関する情報はこちら!

http://columbia.jp/idolmaster/COCC-17325.html

ページトップへ